So-net無料ブログ作成

PENTAX XW [天文>機材>アイピース]

PENTAXの定番高性能アイピースのXWシリーズ。

ラインナップは順次縮小されて以前のXW30、XW40に続いてXW3.5、XW5がディスコンになるとの噂。XW5、XW7、XW10、XW20、XW40を持っていましたが、急遽XW3.5も無くなる前にとゲットしました。アイピースに求められる各性能が高次元にバランスされたアイピースで、他のアイピースの性能を確かめる上でリファレンスとなるアイピースです。

欠点と言うほどのものはないですが、アイレンズが大きいのが逆に災いして、特に短焦点で射出瞳の位置が分かり難くて慣れていないとどこから覗いていいのか迷う場合があります。アイカップが伸縮できるので適切な位置にセットすれば見易くなりますが、人によっては覗き難いと感じる方もいるかも知れません。

うちの環境で高倍率での観望は双眼装置+バロー+中長焦点クラシックアイピースの組み合わせが殆どの為、XWの短焦点は実はそれ程出番は無かったりします。比較的出番の多いXW40は最低倍率用でこれを基準に鏡筒をF6以上のものを選んでいます。またXW20はAPM10cm対空双眼鏡用の低倍率用としてベストマッチなアイピースでこれのみ2本あります。XWシリーズ全体の印象はとにかく視野がフラットでシャープ、対物の性能を最大限に引き出せる万能アイピースと言ったところでしょうか。

eyep-xw.jpg

アイピースのスペックはこちら


nice!(0) 

nice! 0