So-net無料ブログ作成

ミニボーグ60ED-BINO [天文>機材>望遠鏡]

ミニボーグ45ED-BINOでイーソス17mmで観たアンドロメダ大星雲がとても綺麗で、写真をかなり薄くしたような、それでも写真のイメージに近い姿を拝めたので、その時もうちょっと見えたらなあ・・・と思い、その時口径のアップを考えたのですが55FL-BINO計画は周辺像の崩れが気になり断念したのでよりFの長い60EDなら・・・と考えたものの、このEMSを使わないBINOでは60ED対物レンズの最大外径68mmがネックで、これだと目幅の広い人しか使えないよなーと思いながらも目幅70mmある自分的には問題ないのと、60EDもディスコンが決定していたので今作らないと後悔しそうとの思いから口径アップグレードに挑む事になりました。構成は、

・BORG ミニボーグ60ED対物レンズ【2260】(延長筒は取り外し)
・BORG M57→M57ADII【7458】
・BORG M57ヘリコイドS【7757】
・BORG ミニボーグ鏡筒【6160】
・BORG フィルターBOXn【7519】
・BORG M57→2インチオスAD【7502】
・スタークラウド SC2インチ90°正立プリズム(シュミカセネジ仕様)

tlscp-mb60edbn_2.jpg

60EDはF5.8なのでLVW42mmだと有効最低倍率を僅かに下回るのと周辺像に不満があった事からペンタのXL40に買い替えましたが周辺像がかなり改善して、ナグラー9mmで38.9倍、実視界2.11度、イーソス17mmで20.6倍、実視界4.86度、XL40で8.8倍、実視界7.43度と45EDより実視界はやや狭くなりましたが、見え味と口径を考えると満足の行く組み合わせとなりました。55FLでは気になったイーソス17mmでの周辺像の崩れもこちらでは感じられず一安心です。

tlscp-mb60edbn_1.jpg

ちょっとだけの改善点としてドロチューブにスケールを貼ってみましたがこれで劇的に使い勝手がよくなりました。

tlscp-mb60edbn_3.jpg

口径をアップしても45ED-BINOで使っていたアルミケースがそのまま使える、と言うかよりジャストフィットな感じです。

tlscp-mb60edbn_4.jpg

その後ファインダー台座を取り付けしました。
nice!(0) 

nice! 0