So-net無料ブログ作成

ASToptics キャリーハンドル [天文>機材>アクセサリー]

TSA-120に今までビクセン純正のキャリーハンドルを付けていましたが、ネジ一箇所止めで持ち手の片方が浮いている為、運搬時にびよんびよんとアームが微妙にしなるのが気になり、持ち手の両端でネジ止めされるタイプの汎用のキャリーハンドルは無いものかと見つけたのがこの製品でした。

acc-astsp-hndl_1.jpg

かなり肉抜きされているせいかビクセン純正よりも軽く(約180g)、また造りが丁寧で品質も良く、この鮮やかな青のアルマイト塗装が中々美しいです。

acc-astsp-hndl_2.jpg

実際にTSAに取り付けて持ち上げてみると、ビクセン純正は持ち手部分の角が丸みを帯びていたのに対し、こちらは角ばっているのでハンドルを握った感触はゴツゴツしており、ビクセンの方が手には優しい感じです。

ただやはりハンドルの両端2箇所でバンドにネジ止めされると固定されている感じが全然違いますので、運搬時の安心感はこちらが圧倒的に上です。軽い鏡筒であればビクセンのハンドルでも問題を感じませんが、ある程度重量がある鏡筒の場合はこうしたハンドルが向いていると思います。

先日取り付けた赤色のアリガタと組み合わせると何とも言えない色合いになりましたが、個人的にはカリフォルニア-すばるカラーと呼んでます笑