So-net無料ブログ作成

ルネセイコウ リリィチェア CSP-320 [天文>機材>その他]

天文屋の椅子としては割と定番?の日本製、ルネセイコウの高さ調節可能の折り畳み椅子です。今まで使っていた天体観望チェアは無段階に座面の高さを変更可能で調整範囲も広く使い易かったのですが、今の車の荷室が狭く、他の荷物との兼ね合いで載せられないケースがありましたので同等の機能を持つ、一回り小さい椅子が欲しくなり、この椅子をチョイスしました。

etc-nskrc-csp320_1.jpg

大きさを新旧比べるとかなりコンパクトになり、パイプも全体的に細いので安定性と強度の面で不安に感じましたが実際に座ってみてびっくり、想像以上に頑丈で、以前の椅子だと体を前に倒すと後ろ脚が上がってしまう事がよくあったのですが、こちらは極めて安定性が高く、体の重心を前後左右移動させてもグラつく事が殆ど無く、設計が良いのかとても上手く作られている椅子だと感じました。

etc-nskrc-csp320_2.jpg

高さ調整で座面を毎回取り外す手間がある事と、調整範囲が以前より狭いのが気になりましたが、やはり畳んだ状態がとてもコンパクトで車の荷室を圧迫しないのが大きく、これであれば個人的にデメリットよりメリットが上回る感じで、今後の移動観測に気軽に持ち運びできそうで気に入りました。

etc-nskrc-csp320_3.jpg

因みに国際光器で天体観測用椅子として販売しているプロワークチェア(恐らくPW-600S)はこの椅子の上位モデルで高さの調整範囲もリリィチェアより広く(リリィチェアが32cm~62cmに対し、30cm~83cm)、座面にはスウィング(前後左右に傾く)機能、足掛けも装備されており、自分の車に入るのであればこちらも魅力的でした。