So-net無料ブログ作成
天文>機材>ダイアゴナル ブログトップ

WilliamOptics 31.7mm New90°正立プリズム(ヘリコイド機能付き) [天文>機材>ダイアゴナル]

接眼スリーブが回転ヘリコイドとなっている31.7mm径の90°正立プリズムで、通常のダイアゴナルとヘリコイドを直結するのに比べて光路長が大幅に短縮されるのが大きなメリットですが、この製品は元々は笠井などガイドファインダー用の正立接眼ユニットの鏡筒接続部分を31.7mm径バレルに変更する事で汎用のダイアゴナルとして扱えるように仕立て直したものと思われます。

diag-wo-317erprsm_1.jpg

このガイドファインダーを流用したファインダーBINOを使っていてこのヘリコイド付きダイアゴナル部分は中々便利と感じていて、この部分に上手くバレルを取り付けて普通の正立プリズムとして使う方法はないものかと考えた事もありましたので、WOがそのまま製品化してくれたところを見るとやはりその様な需要はあったのではないかと推察するところです。

このダイアゴナルの開口径はそれ程大きくはなく、XW20NPL25mmがケラレないぎりぎりと言ったところで並べてみるとやはり両者で開口径は同じに見えます。

diag-wo-317erprsm_2.jpg

ヘリコイドの可動距離は実測15mm程度で、アイピース固定ネジがやたら固いので気を付けないとアイピースの固定が不十分な場合があり(締め付けリングと脱落防止溝と重なる場合など)、注意が必要かも知れません。

中低倍率で使う分には像質に特に問題は感じず、手元でのピントの微調整にヘリコイドが入用で、消費光路長を抑えたい場合には役立つダイアゴナルと思います。



Baader BBHS 2インチ天頂ミラー [天文>機材>ダイアゴナル]

松本式EMSのHPで銀ミラーの優位性を検証した記事を見て銀ミラーに興味が湧き、正立に拘らなければ鏡1枚の方が光量損失が少ないのでより銀ミラーの恩恵が受けやすいと考え、それまで使っていたTVのエバーブライトWOのDura-Brightの2インチ天頂ミラーと引き換えにこのミラーを手に入れました。バーダーMarkVが『究極』双眼装置であれば、このBBHSは『究極』天頂ミラーでは?との期待を込めて。

TVやWOも十分な性能を持っている事もあり、並べて直接比較していないのでぱっと見では差が分かりませんでしたが、この天頂ミラーに変えてからFC-100DLで見た時の木星の大赤斑の検出が以前よりし易くなった気がします。以前はこれ大赤斑見えてるのかなー?と半信半疑だった部分が、ああこれ多分大赤斑見えてるなーとやや確信が持てるようになり、銀ミラーの効果は多少なりともあるのかも知れません。

diag-bd-bbhsmr_1.jpg

アイピース側の固定方法はバーダーでお馴染みの『クリックロック』タイプですが、存外締め付けに力がいるので力を入れる方向を誤ると鏡筒の向きも変わったりしますので、旧来の固定方式に比べて圧倒的に使い易いかと言えば微妙な気がします。締め付けのコツが掴めれば少ないアクションで固定できるので楽は楽ですが。

diag-bd-bbhsmr_2.jpg

重量は実測で437g、光路長は公称で約110mmとの事です。個人的にはレバーの本体からの出っ張りがTVやWOのアイピース固定ネジの出っ張りに比べて低いので、自作アイピースケースにぎりぎり収納が可能になり、機動性アップに繋がったのが地味に嬉しい部分でした。

WilliamOptics Dura-Bright 2インチ天頂ミラー [天文>機材>ダイアゴナル]

ルミコンの2インチフィルターセレクターの2インチスリーブを外すとシュミカセネジになっているので、ここにシュミカセネジ仕様の2インチ天頂ミラーを直結すればバックフォーカスをそれ程消費せずにフィルターセレクターが使えると考え、シュミカセネジ仕様の2インチダイアゴナルは最近あまり選択肢がありませんが、WOのダイアゴナルは例によってバレル部分をシュミカセアダプターに付け替え出来るので、性能面でも精度1/12λでミラーが12mm厚と標準的な天頂ミラーよりややスペック的に上回るこのミラーをチョイスしました。

diag-wo-db2_5.jpg

フィルターセレクターを使う場合の光路消費は4cm程度になります。

diag-wo-db2_2.jpg


nice!(0) 

スタークラウド SC2インチ90°正立プリズム [天文>機材>ダイアゴナル]

2個ありますがミニボーグ45ED対空双眼望遠鏡用のダイアゴナルとして使っています。バレル部分は取り外し可能で、スタークラウドではシュミカセアダプターを単体で取り扱いしているので、これでシュミカセネジ仕様と通常仕様を付け替えで兼用できます。プリズムの性能は高く、以前同等品の笠井のDX正立プリズムとDX天頂ミラーをビクセンED-130Sでアークトゥルスを見比べた時にはXW7の167倍で違いは感じられず、XW5の234倍でも違いが分からず、NZ2-4mmの292倍でようやく稜線と垂直方向に僅かに膨らむのが確認でき、お遊びで585倍まで引き上げて分離しきれないダルマ型の等光二重星の様に見えました。2インチアイピースが使える90度正立ダイアゴナルと言う特性を活かして、小口径望遠鏡を対空ファインダーとして使ったり、自分のようにEMSを使わない対空双眼鏡に使ってみたりと、アイデア次第で色々と使い道の広がるパーツだと思います。

diag-sc2erprsm.jpg
nice!(0) 

笠井 31.7mmDXペンタプリズム [天文>機材>ダイアゴナル]

基本的に31.7mm径アイピースを使う時は2インチダイアゴナル+2インチ→31.7mm変換アダプターで使うのであまり出番が無いのですが、月のクレーターなどをガイド本と照らし合わせて見る時など裏像を避けたい時はこのダイアゴナルの出番となります。ペンタプリズムなので高倍率の観望でもアミチプリズムの様に稜線による光条が入らないのは気分が良く、他には無いとてもユニークなダイアゴナルだと思います。

diag-pentaprizm.jpg
nice!(0) 

TeleVue 2インチ エバーブライトダイアゴナル(サテン) [天文>機材>ダイアゴナル]

天頂ミラーは屈折やカセグレンでの観望において個人的にマストアイテムなので、末永く使える良い物をとこの天頂ミラーに行き着きました。因みにサテンは表面がザラザラ処理、グロッシーはツルツル処理されているタイプでサテンの方が高級感があります。ミラー開口径は43.8mmとの事で笠井のDX天頂ミラーより余裕のある造りとなっています。

diag-tv-evblt.jpg
nice!(0) 
天文>機材>ダイアゴナル ブログトップ