So-net無料ブログ作成

自作アイピースケースその2 [天文>機材>アクセサリー]

以前作ったアイピースケースではアイピースを寝かせて収納していたので12本までしか入りませんでしたが、縦に収納すればもっと本数が入れられると思いミニボーグ太陽望遠鏡用ケースで使ったブロッククッション(Astage ブロッククッション BC-L60)を使って作り直してみました。

acc-eyep-case3.jpg

ブロッククッションの一個のブロック幅は約1.5cm角なので2×2ブロック切り抜けば31.7mm径アイピースを差し込むのに丁度良い空間になります。

今度は双眼装置以外にアイピースを20本まで収納できるようになり、アイピースのキャップも上側のみとした事でこれまでより交換が格段にし易くなりました。

以下長焦点の31.7mm径アイピースと天頂ミラー、

acc-eyep-case4.jpg

こちらには天頂ミラーが収納できた事で設置撤収の手間がかなり軽減されました。

以下大型アイピース類、

acc-eyep-case5.jpg

APM10cm対空双眼鏡ミニボーグ60ED-BINOではこの4種類しか使わないので、一つのケースに無理矢理収めましたw

今まで4つのケースに収めていましたが、アイピースを整理して3つのケースに収まるようになりました。このアルミケースは高さが75mm(内径)程度なので収めるには色々と制約が出てきますが、予想以上に上手くまとまったのでこれ以上のアイピースの増殖は何とか食い止めたいところです。


nice!(0) 

nice! 0