So-net無料ブログ作成

アイピーススペック一覧表 [天文>機材>アイピース一覧表]

今まで触ってきたアイピースのスペック一覧です。

名称 レンズ構成 見掛け視界 アイレリーフ 重量バレル径

笠井AP-12.5mm 3群5枚 50° 10.6mm 90g31.7mm
笠井HC-Or12mm 2群4枚 42° 9.6mm 100g31.7mm
笠井EWV-16mm 3群5枚 85° 9.6mm 120g31.7mm
笠井EWV-32mm 3群5枚 85° 20mm 480g50.8mm
笠井EF-19mm 3群5枚 65° 19mm 110g31.7mm
笠井KONIG-40mm 3群4枚 70° 26mm 320g50.8mm
笠井SWV-24mm 5群8枚 94° 14mm 490g50.8mm
 
INTES-MICRO ST-12mm 1群3枚 28° 24mm -31.7mm
 
TMBモノセン12mm 1群3枚 30° 10.2mm 70g31.7mm
TMBモノセン18mm 1群3枚 30° 15.1mm 80g31.7mm
 
VS Brandon12mm 2群4枚 45° 9.6mm 41g31.7mm
VS Brandon16mm 2群4枚 45° 12.8mm 45g31.7mm
 
TV PL15mm 2群4枚 50° 10mm 70g31.7mm
TV PL32mm 2群4枚 50° 22mm 180g31.7mm
TV Panoptic24mm 4群6枚 68° 15mm 230g31.7mm
TV Nagler9mm 4群7枚 82° 12mm 190g31.7mm
TV Nagler16mm 4群6枚 82° 10mm 204g31.7mm
TV Nagler22mm 5群7枚 82° 19mm 695g50.8mm
TV Ethos13mm - 100° 15mm 590g兼用
TV Ethos17mm - 100° 15mm 725g50.8mm
TV NZ2-4mm 3群5枚 50° 10mm 160g31.7mm
 
賞月観月 UF15mm 5群8枚 65° 16mm 136g31.7mm
賞月観月 XWA9mm 6群9枚 100° 15mm 415g31.7mm
 
谷Or18mm 2群4枚 44° 14.4mm 75g31.7mm
谷Or25mm 2群4枚 45° 20mm 90g31.7mm
谷Er25mm 3群5枚 62° 21mm 130g31.7mm
 
スコープタウン Or9mm 2群4枚 45° 7mm 53g31.7mm
スコープタウン Or14mm 2群4枚 53° 12mm 70g31.7mm
スコープタウン Ke25mm 2群3枚 45° 18mm 76g31.7mm
 
国際光器 WS20mm 3群5枚 84° 12mm 182g31.7mm
 
Meade SP20mm 2群4枚 52° 14mm 110g31.7mm
Meade SP32mm 2群4枚 52° 21mm 145g31.7mm
Meade SP40mm 2群4枚 44° 27mm166g31.7mm
Meade UWA24mm 4群6枚 82° 17.6mm 850g50.8mm
 
Celestron Omni PL40mm 2群4枚 43° 31mm 155g 31.7mm
 
PENTAX XW3.5 5群8枚 70° 20mm 405g31.7mm
PENTAX XW5 5群8枚 70° 20mm 395g31.7mm
PENTAX XW7 6群8枚 70° 20mm 390g31.7mm
PENTAX XW10 6群7枚 70° 20mm 390g31.7mm
PENTAX XW20 4群6枚 70° 20mm 355g31.7mm
PENTAX XW40 5群6枚 70° 20mm 700g50.8mm
PENTAX XL40 5群5枚 65° 20mm 380g50.8mm
 
Docter UWA12.5mm - 84° 18mm 520g兼用
 
ビクセンNPL25mm 2群4枚 50° 19.5mm 130g 31.7mm
ビクセンLVW42mm - 65° 20mm 545g 50.8mm



nice!(0) 

テレコンビノ (ニコン TC-E2ビノ) [天文>機材>双眼鏡]

以前のテレコンバージョンレンズの比較で評判通りTC-E2の性能が良かったので、アクリル板を使ったテレコンビノを自作しました。

bn-tlcn-tce2_1.jpg

DIYでのアクリル板の加工が想像以上に難しく、ネットのアクリル板加工業者に穴開けと角を丸くする加工を依頼し、鼻が当たる部分のカットとストラップを通す穴開け加工は自力で行いました。加工がし易いように2mm厚のアクリル板にそれぞれ加工を施しこれを3枚重ねしています。接着はアクリルには不向きとされている瞬間接着剤を使用し、接着箇所が白く変質して見た目は宜しくない感じになりましたが接着力は問題ないと思います。

bn-tlcn-tce2_2.jpg

TC-E2は若干目位置にシビアなので自分の目幅に合わせてレンズ間隔を70mm固定としました。ワイドビノとの見比べでは見掛け視界が1.5倍位あり、実視界もワイドビノではオリオン座がすっぽり入る感じですが、こちらは冬の大三角形がすっぽり入る広さがあります。ワイドビノは肉眼で星が見え難い光害地の中で星座を確認する為の道具として使いますが(個人的に)、TC-E2は星座観望を楽しむ用途に使えます。

bn-tlcn-tce2_3.jpg

ただTC-E2と比較する事でワイドビノの良さを再認識した部分もあります。まずワイドビノの方が倍率が高い分TC-E2より暗い星が見え、幅広い目幅調整やピント調整が可能な点などクセの強いガリレオ式オペラグラスをなるべく広視界で多くの人が使えるようにと口径や倍率がよく考えられた感じもしないでもありません。考えたのは星見を想定してないロシア人だと思いますがw

またTC-E2だと目の調子によってはピントが微妙に合わない感じで、メガネを使うとピントが合うのですが、メガネを使った場合の視界の広さが裸眼で見た時のワイドビノと大体同じ位なので、メガネ使用者の方にはそれ程大きなメリットは感じないかも知れません。

とこのようにテレコンビノはあまり融通が利かない部分はありますが、裸眼でピントが合えばその性能はワイドビノを凌駕しており、ハマれば他の機材では味わえない、星見に新しい楽しみを与えてくれるアイテムだと思います。

*****

その後片方のレンズが少し曲がって付いているのでは?と感じ、レンズをぐりぐりと動かそうとしたところレンズとアクリル板との接着が剥がれてしまいました。瞬間接着剤では接着力が足りなかったようで、動かさなければ問題無かったかも知れませんが、接着法をどうするか再考しているところです。

*****

その後接眼部に視度補正レンズを組み込みました。
nice!(0) 

エルフェルト [お絵描き]

pixivにうpしたものを加筆修正。

GGXrd(ギルティギアイグザード)と言う対戦格闘ゲームの自分の持ちキャラです。家庭用最高8段。

対戦格闘ゲームには個人的には並々ならぬ思い入れがあり、初代ストIIからやり続けています。まだ成長している感もあり、若い人と殴り合いするのは刺激になりますね笑

150202_1_10.jpg
nice!(0) 

TSA-120 vs FC-100DL [天文>機材>望遠鏡]

ようやく寒さも和らぎシーイングの良い日が徐々に増えてきて、FC-100DLで観る見頃になった木星も回を重ねる毎に良く見えて、これってTSA-120並みに見えてるんじゃ?と思える日もあったので実際にサイドバイサイドで見比べてみました。

アイピースはMarkV双眼装置TV PL15mm4倍バローで焦点距離が900mmで同じなので約240倍での見比べでしたTSAでじっくり観てると流石TSAだなあと思わせる見え味ですが、FCに移動するといやでもそんなに変わらないんじゃ・・・と思わされ、またTSAに戻るとやっぱり違うよなーと言った感じで2台の間を行き来してましたw 解像度ではTSAが一歩二歩リードする感じでしたが、両方ともシャープネスが良いのでFCがぱっと見劣る感じでもなくコントラストも同等で、ストレールレシオ99.2%の12cm3枚玉と同97.5%の10cm2枚玉と言うスペックから見ればFCが敵う道理も無いはずですが、そこそこ良い勝負できてるFCの性能に正直驚きました。持ち運びでFCはTSAの体感1/3位の軽さに感じますので、パワーウェイトレシオ(←?)ではFCが上かも知れません。ここぞと言う時はやっぱりTSAですが。

tks-160321.jpg
nice!(0) 

Euro EMC SF-100ソーラーフィルター(SF-100-5) [天文>機材>フィルター]

ミニボーグ45EDでバーダーアストロソーラーフィルターを通して観た太陽が上々だったので、より大きな口径でも観たくなり、FL-90FC-100DLに取り付けるフィルター枠の自作を考えた時にふと見つけたこのフィルター。枠が金属製なので耐久性もあり、フィルター本体のしわも少なく張れる構造で、鏡筒への取り付けサイズも調整可能で、フィルター本体のみの調達、交換が容易など、末永く使える太陽フィルターとして、バーダーアストロソーラーフィルターを張る枠として実用性は高いです。

flt-ee-sf100-5.jpg

その後日食観望でも使用しました。
nice!(0) 

ミニボーグ60ED-BINO [天文>機材>望遠鏡]

ミニボーグ45ED-BINOでイーソス17mmで観たアンドロメダ大星雲がとても綺麗で、写真をかなり薄くしたような、それでも写真のイメージに近い姿を拝めたので、その時もうちょっと見えたらなあ・・・と思い、その時口径のアップを考えたのですが55FL-BINO計画は周辺像の崩れが気になり断念したのでよりFの長い60EDなら・・・と考えたものの、このEMSを使わないBINOでは60ED対物レンズの最大外径68mmがネックで、これだと目幅の広い人しか使えないよなーと思いながらも目幅70mmある自分的には問題ないのと、60EDもディスコンが決定していたので今作らないと後悔しそうとの思いから口径アップグレードに挑む事になりました。構成は、

・BORG ミニボーグ60ED対物レンズ【2260】(延長筒は取り外し)
・BORG M57→M57ADII【7458】
・BORG M57ヘリコイドS【7757】
・BORG ミニボーグ鏡筒【6160】
・BORG フィルターBOXn【7519】
・BORG M57→2インチオスAD【7502】
・スタークラウド SC2インチ90°正立プリズム(シュミカセネジ仕様)

tlscp-mb60edbn_2.jpg

60EDはF5.8なのでLVW42mmだと有効最低倍率を僅かに下回るのと周辺像に不満があった事からペンタのXL40に買い替えましたが周辺像がかなり改善して、ナグラー9mmで38.9倍、実視界2.11度、イーソス17mmで20.6倍、実視界4.86度、XL40で8.8倍、実視界7.43度と45EDより実視界はやや狭くなりましたが、見え味と口径を考えると満足の行く組み合わせとなりました。55FLでは気になったイーソス17mmでの周辺像の崩れもこちらでは感じられず一安心です。

tlscp-mb60edbn_1.jpg

ちょっとだけの改善点としてドロチューブにスケールを貼ってみましたがこれで劇的に使い勝手がよくなりました。

tlscp-mb60edbn_3.jpg

口径をアップしても45ED-BINOで使っていたアルミケースがそのまま使える、と言うかよりジャストフィットな感じです。

tlscp-mb60edbn_4.jpg

その後ファインダー台座を取り付けしました。
nice!(0) 

WilliamOptics Dura-Bright 2インチ天頂ミラー [天文>機材>ダイアゴナル]

ルミコンの2インチフィルターセレクターの2インチスリーブを外すとシュミカセネジになっているので、ここにシュミカセネジ仕様の2インチ天頂ミラーを直結すればバックフォーカスをそれ程消費せずにフィルターセレクターが使えると考え、シュミカセネジ仕様の2インチダイアゴナルは最近あまり選択肢がありませんが、WOのダイアゴナルは例によってバレル部分をシュミカセアダプターに付け替え出来るので、性能面でも精度1/12λでミラーが12mm厚と標準的な天頂ミラーよりややスペック的に上回るこのミラーをチョイスしました。

diag-wo-db2_5.jpg

フィルターセレクターを使う場合の光路消費は4cm程度になります。

diag-wo-db2_2.jpg


nice!(0) 

2016年3月9日部分日食 [天文>日記]

十勝地方は結構雲が多かったですが、それでも少しは晴れてくれました。欠け具合はこの位が最大でした(携帯デジカメで撮影)。

nk-160309eclps_1.jpg

今回FL-90SEuro EMC SF-100ソーラーフィルターを使用でいい具合に見えました。以前ALTER-7用に太陽観測ガラスメッキフィルター使ってましたが、日食を見る分には小口径屈折で十分ですね。

気になったのはアイピースがナグラーやイーソスだとやたら見難かった事です。やはり夜の瞳径を考慮した設計なのかも知れません、ので主にXW20で観望してました。また導入にも存外苦戦したのでファインダーにもアストロソーラーフィルター張った方がいいなーと思いました。

nk-160309eclps_2.jpg
nice!(0)