So-net無料ブログ作成

TMBスーパーモノセントリック12mm、18mm [天文>機材>アイピース]

個人的に双眼装置で使う場合に最高倍率で使う事になる焦点距離12mm前後のアイピースですが、笠井HC-Or12mmにそれ程不満は無かったものの、もっと見えるアイピースは無いものかと同じ笠井で扱われたINTES-MICRO製のモノセントリックST-12mmに目星をつけ、ディスコン寸前に入手したもののHC-Or12mmと見比べて優位性が感じられなかったので手放したのですが、国際光器でTMBのスーパーモノセントリックが限定再販売されるのを知り懲りずに12mmを2本購入、MarkV双眼装置2.6xバローの組み合わせで土星を見て、まずHC-Or12mmで見た後でこちらに変えたところ一見して像が明るく解像度が高く感じられ、ST-12mmのようなゴーストも皆無、HC-Or12mmも良く見えるアイピースですがそれを上回る見え味に高価な価格も納得と言ったところです。

12mmの性能に満足したその後中倍率用に18mmをAPMから個人輸入し、谷Or18mmと月面で見比べましたが、こちらもモノセンが解像度、コントラストが高く見え、谷オルソが平面的な見え味に対し、こちらは立体感を感じられる見え方で、期待通りの高い性能にこちらも満足しています。レンズをクリーニングする時に感じる事ですが、他のアイピースと比べてアイレンズがどこにあるか分からないくらい暗く、相当反射が抑えられているのではと感じます。像の明るさの秘密はコーティングにもあるのかも知れません。

eyep-tmb-mncn.jpg

アイピースのスペックはこちら
nice!(0) 

nice! 0